top of page

これからは1株から投資!「かぶミニ™(単元未満株取引)」を開始します





楽天証券は、2023年4月17日(月)からかぶミニ™の提供を開始します。かぶミニ™は、業界で初めての取り組みであり、リアルタイム取引と寄付取引の両方で単元未満株の取引が可能です。(※ビジネスモデル特許出願中)


通常の株式取引では100株単位(単元)での取引が一般的ですが、かぶミニ™では取引単位に満たない(単元未満株)1株からの売買が可能です。例えば、1単元100株のA銘柄の株価が1,000円の場合、通常の取引では10万円以上からの取引となりますが、かぶミニ™では1株1,000円から売買ができます。


かぶミニ™(単元未満株取引)は、楽天証券が相手方となり、市場外での売買を成立させる「相対取引」の形式で行われます。また、かぶミニ™では1株から配当金を受け取ることができます。株数に応じて受け取ることができるため、高配当利回り銘柄への投資が可能です。さらに、NISA(少額投資非課税制度)口座を利用すれば、配当金の税金がかからない利点もあります。


国内株式の配当金を非課税で受け取るためには、事前に「株式数比例配分方式」での配当金受領方法の登録が必要となります。かぶミニ™では、国内株式の様々な業種への投資はもちろん、投資信託や金・プラチナ、米国株式など幅広い商品への分散投資の幅が広がります。


楽天証券のかぶミニ™は、投資家にとって便利な取引方法として注目されており、より柔軟な投資手法を追求する方々にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

Commentaires


bottom of page