top of page

会社員投資家の成功法則:仕事と投資の両立



サラリーマン投資家は、自身の成功体験を通じて、「3つの原則を守るだけで、私のように3年で10億円の資産を築くことも夢ではありません」と語っています。


副業や投資を始める際には、注意が必要です。貯金を投資に回すなど、自己資金を使って稼ぐチャンスに飛びつくことは魅力的かもしれませんが、注意が必要です。例えば、オフィスでこっそりと副業を行っていたところを上司に見られてしまったり、本業のパフォーマンスが低下したりするなどの失敗パターンが存在します。仕事がおろそかになることで職場の信用を失うと、会社員としての道が厳しくなってしまいます。副業や投資による収入が本業を上回らないのであれば、損失を被る可能性が高いですし、資産形成も難しいでしょう。


一方、不動産投資のような場合は、副業とは異なり仕事の途中での作業を必要としません。不動産投資に関連する書類は郵送されてくるため、新しい賃貸契約書が届いたらハンコを押して返送するだけです。そのため、平日でも自宅で作業が可能であり、土日にまとめて処理することもできます。会社の本業に支障をきたす心配がないため、信用を失うこともありません。


サラリーマン投資家として成功するためには、3つの原則を守ることが重要です。これには、仕事と投資を両立させるための効果的なスケジュール管理や情報収集、リスク管理などが含まれます。適切なプランニングと堅実な行動によって、会社員としての安定した収入を確保しながら、資産形成の道を歩むことが可能です。

Comments


bottom of page