top of page

分散投資の効果とポートフォリオの作り方:リスク管理と成長のための戦略


分散投資について疑問をお持ちの方へ。今回は、分散投資の効果とポートフォリオの作り方についてご紹介します。


「分散投資は資産形成の王道」と言われていますが、なぜ分散投資が必要なのでしょうか?市場は上昇と下落のサイクルを繰り返しますし、過去の好パフォーマンスが将来も続くとは限りません。投資を通じて資産を形成する場合、運用の目的を達成するためには、さまざまなライフイベントや資金需要のタイミングでの大きな下落を避ける必要があります。


分散投資は、異なる資産の値動きを組み合わせることで、リスクを抑えつつ成長のチャンスを追求する方法です。地域分散や資産分散などの手法があります。地域分散では、複数の国や地域の資産に投資することでリスクを分散させます。資産分散では、株式や債券など異なる金融資産に投資することで、値動きの方向性の異なる要素を組み合わせることができます。


さらに、時間分散も有効な手法です。積立投資によって定期的に資産を購入することで、購入タイミングを分散させ、リスクを軽減することができます。


以下のデータは、コロナショック時の値動きを示しています。国内株式などの主な資産に投資した場合と、それぞれに均等に投資した場合の値動きを比較しています。異なる資産を組み合わせることで、ポートフォリオ全体のリスクを抑えることができます。

分散投資は、リスク管理と成長のための重要な戦略です。

Comments


bottom of page