top of page

家主業の成功のカギは情報収集と良心的な不動産販売会社の選択


 

不動産投資に関する情報は多岐にわたり、情報収集の方法によって成功や失敗が左右されます。専門誌『家主と地主』の編集長である永井ゆかり氏は、「不動産投資で成功するかどうかは、正しい情報収集ができるかどうかにかかっている。失敗する人の多くは、セールスマンの言葉を鵜呑みにせず、正確な情報を集めることができない」と指摘しています。


私はこれまでに延べ1万人の家主に取材し、経営が順調な家主たちが前の職業で培った経験を「知恵」として活かし、賃貸経営に生かしていることを確認しました。


この記事では、具体的な業務の流れに沿って、「家主業の極意12カ条」をまとめました。家主業を始めるにあたっては、初期の段階での事前準備や物件の選定、購入などについて警戒すべきポイントを説明しています。


新たな取り組みを始める際には、まずそのテーマに関する情報を多角的に集めることが重要です。不動産投資に関しては、情報があふれていると言っても過言ではありません。書店に行けば、不動産投資に特化した書棚があり、インターネットで検索すれば、多くのサイトやブログ、動画、SNSのページが表示されます。不動産投資は投資や資産運用の分野において大きな存在感を示しています。


しかし、その情報を見ると、さまざまな投資手法が存在します。不動産の種類もさまざまであり、どのような方法でどの不動産を購入すべきか迷ってしまうことでしょう。このような場合、初心者は収益不動産サイトに掲載されている不動産投資セミナーに参加して情報を集めることが多いです。

Comments


bottom of page