top of page

金(ゴールド):アクセサリーの材料から投資資産へ




金は、指輪やネックレスなどのアクセサリーの材料としてよく知られていますが、実は「投資資産」としても注目を集めています。


お札や株式・債券などは、国や企業が価値を保証することで資産としての価値が生まれるのに対し、金はそのものに価値があります。国や企業に依存することなく、世界のどこでも通用する「無国籍通貨」としての特性を持っています。そのため、金を保有することは、世界的に資産形成の一環とされており、またファッションの一部としても愛されています。


特に最近は、政治や経済の不安定さが続く中で、金を資産として保有する動きが活発化しています。金は安定性と価値保持の面で頼りになる存在であり、投資家からの需要も高まっています。


楽天証券では、金の購入方法として「純金積立」が提供されています。純金積立は、毎月決まった金額やグラム数を自動的に積み立てる購入方法です。証券口座に購入資金を入金しておけば、自動的に買い付けが行われるため、手間や面倒さを感じることなくコツコツと金を貯めていくことができます。


楽天証券では、月額1,000円からの積立が可能であり、金だけでなくプラチナや銀の積立も選択できます。また、まとまった金額での購入を希望する場合には「スポット取引」も利用することができます。


金は、アクセサリーの材料としての魅力だけでなく、投資資産としての価値も持っています。自身の資産形成や投資ポートフォリオの一環として、金を考えてみるのも一つの選択肢かもしれません。


Comments


bottom of page