top of page

1億円の資産、どのように投資すべき?――投資ブロガーたぱぞうの提案



人気投資ブロガーのたぱぞうさんは、「1億円の資産がある場合、株式にすべてを投資するのはリスクが高い。私なら不動産や太陽光発電などのハードアセットに分散投資する」と提案しています。

1億円の資産を年利3%で運用すれば、税引き前で年間300万円のリターンが得られます。さらに2億円あれば600万円のリターンが期待できます。年間300万円の収入が得られるなら、独身の場合、セミリタイアの道も実現可能な数字です。

しかし、株式に1億円を集中投資することに不安を感じる人は多いでしょう。なぜなら、株式市場は大きな変動があるためです。私自身も株式への集中投資は市場変動のリスクが高いと感じますし、ストレスも強くなるでしょう。

基本的なロジックとしては、株式に債券を組み合わせることが考えられますが、現在の低金利環境下では債券には魅力がなく、運用効率が低下してしまいます。そのため、私が選択したのは不動産や太陽光発電などのハードアセットへの分散投資です。

運用効率を考えると、資産管理法人を設立し、株式で築いた資産を元手に不動産や太陽光発電などのハードアセットに投資することは合理的だと考えられます。なぜなら、家賃収入や太陽光の売電収入は株式市場ほどの変動はありません。株式はボラティリティが大きいのが特徴であり、魅力でもありますが、同時に弱点でもあります。そのため、資産の一部を分散させ、安定した運用を実現するために不動産や太陽光発電などに投資することをおすすめします。


Comments


bottom of page